コストコのタオル グランドール
 
コストコで「グランドール(GRANDEUR)」というメーカーのハンドタオルを買いました!
 
ハンドタオルと言っても、サイズは40x76cm!
フェイスタオルの大きさです~
 
今回の記事ではグランドールの使い心地など使ってみた感想をレポートします
 

  • コストコにはどんなタオルが売っているの?
  • 使い心地はどうなんだろう?

と、気になっているコストコ初心者のあなたや
 
「家にあるタオルを統一させたいけど、探してもコスパが良いタオルが見つからない~~!!」
 
賢い買い物をしたい主婦のあなたに参考にしていただけると嬉しいです。(*´∇`*)
 

 

コストコのハンドタオル「グランドール」を買おうと思った理由

断捨離を始めてから、「これは本当に私が使いたいと思って使っているものなのかなぁ?」
と考えるようになりました

 
そんな中「これは使いたいものじゃないなぁ~」と思ったのが粗品のタオルです。
 
薄汚れてしまったものやぺらぺらになったタオルは雑巾に。
 
子供が好きだったキャラクターのタオルは、あまり使用感がなかったのでフリマで売る。と決めたものの

使用感が少ない粗品のタオルだけは、なかなか捨てられない~!

粗品のタオル

以前、断捨離塾の動画で、講師のやましたひでこさんが「粗品というのは粗末なものという意味ですよ。」とおっしゃっているのを聞いてから
 
粗品はもらわないようにしよう。
粗品はもらってくれる人に譲るか、捨てよう。
・・・と思ったはずなのに、粗品のタオルを手ふき用のタオルとして使い続けていたのです。
 
 
だって、まだ十分使えるんですよ・・・。
真っ白だし、肌触りも柔らかい。
 
私にとって、お気に入りなものではないけれど、今現在使っているものだし、雑巾にするのももったいないと思ってしまったので、捨てるに捨てれず、雑巾にもできない・・・
 
 
確かに、タオルなら買おうと思えば買えない金額ではありません。
 
でもタオルを買い換えるとしたら、家で手ふき用として使っているキッチン、トイレ、洗面所のタオルを全て同じタオルで統一したいと思ったんですね。
 
だって同じタオルにしたほうが、ホテルっぽいでしょう?(*´∇`*)
 
場所を問わずローテーションできるし、タオルを収納する時もスッキリして見える!
 
「よし、思い切って買っちゃおう~!」と思うには思うんですけど、ホテル仕様の上質なタオルって結構高いんですよね・・・。
 
安い特売品でも1枚300円。普通だと1枚500円以上とか・・・。
 
キッチン、トイレ(2ヵ所)、洗面所(2ヵ所)のタオル、5枚。
そしてそれぞれの洗い換えを買おうとすると10枚。安くても3000円~5000円します。
 
まとめて買うとなると結構なお値段になってしまうので、二の足を踏んで買えずにいました。
 
きっと旦那さんに相談しても「もっと安いタオルがあるでしょう?安いのでいいじゃん。」って言われそう。
 
背中を押してもらえそうにもない・・・。
 
だから「本当は使いたいタオルじゃないんだけどなぁ」と思いながら粗品のタオルを使っていました。
 
 
ところがです~!!
 
コストコの会員になって、色々買うようになってから、コストコで売られているものは安いし品質も良い!というのは分かってきたので、コストコにタオルは売ってたかな~?と、店内を見ていたらあったんですよ!
 

コストコで売っているタオル

コストコで売っているタオルは、ざっくり分けて3種類あります。

  • 今治
  • グランドール
  • ディズニー系のキャラクタータオル

 
まず私が気になったのが、今治のタオルです。
今治は、日本製でトップブランドのタオルメーカー。
 
コストコで買えば店舗や通販で買うよりはリーズナブルだったのです~。
 
でも、リーズナブルといっても1枚500円くらい。
 
 
もっと安いタオルはないかな~と探してみると、ありました!
 
それがグランドールのタオルです。
 
ぺらぺらじゃなく、分厚くてしっかりとしている~!
しかも、2018年3月の時点で12枚で1598円

スポンサーリンク

 
1枚あたり133円!
安い!これなら我が家の家計でもスグにでも買えるお値段です。
 
グランドールのタオル欲しい~とすぐに思いました(*´∇`*)

スポンサーリンク

グランドールのタオルの口コミを調べてみた

グランドールタオルの特長
でも、グランドールというタオルメーカーって、有名なんでしょうか?
聞いたことがないメーカーだったので、ちょっと待てよ?と思い、口コミをネットで調べてみました。

グランドールのタオルの特徴

グランドールのタオルの特徴は次の3つ

  • 硬めでどしっと重厚感がある
  • ハイグロコットンのため、吸収性・速乾性に優れている
  • 耐久性があって長持ちする

硬めでどしっと重厚感がある

分厚いです。
ちょっと硬めで、どしっと重量感があります。
 
私はしっとりふわふわ~という肌触りが好みなので、硬めなのが個人的にマイナス点。
 
だけど、分厚いので高級感があるように見えます

ハイグロコットンのため、吸収性・速乾性に優れている

グランドールで使用されている糸は、糸の内部に空気が多く含まれるように撚られているコットンを使用しているので、柔らか。
そして、吸収性、速乾性に優れているという特長があります。
 
しっかり水分を吸ってくれる上に、速く乾くタオル!というのは、主婦にとって嬉しいですね。
 
しかも化学繊維を一切使っていないので、敏感肌の方にとって優しいタオルです。(*´∇`*)
 
主婦は1日に何度も洗い物をするので、手を拭く回数も多い!肌に優しいのが一番ですよね☆
 
 

◆ ハイグロコットンについて
 
コストコで販売されているグランドールのタオルのなかで、単品で販売されているタオルは、ハイグロコットン100%。
 
業務用のグランドールのタオル(枚数が多いもの)は、ハイグロコットン100%ではありません。コットン100%です。

耐久性があって長持ちする

グランドールは乾燥機が主流となっているアメリカブランドのタオルなので、乾燥機の高い温風にもしっかり耐えられるようになっています☆
 
グランドールとうメーカーは、日本ではあまりなじみのない名前ですが、耐久性に優れているのでアメリカのホテルで使われていることで有名なメーカーでした!
 
自称ダンシャリアンの私としては、あまり多くのタオルを持ちたくないので、ヘビーローテーションで同じタオルをぐるぐると使いまわすことになります。
 
なので、耐久性があることはとっても大切な条件!
 
いくら安いタオルでも、すぐにへたってしまったら、買い換えなくちゃいけなくなりますもんね。
 

◆ ハイグロコットンについてはこちらのサイトを参考にさせていただきました
チェリーベル楽天市場店

グランドールの口コミ

グランドールを実際に買った人の口コミを、楽天市場・アマゾンで調べてみました。

良い評価の口コミ

  • 大判だからバスタオルの変わりにもなる
  • 厚め
  • アトピーで悩んでいた子供も大好き
  • ハワイの高級ホテルのタオルに似ている
  • 吸水性が良い
  • 使い心地が良い
  • 贅沢な気分になれる

ちょっと悪い評価の口コミ

  • 何度洗濯しても糸くずが大量に出る
  • 顔や体を拭くと毛がつく
  • 品質タグが大きい

コストコでグランドールのタオルを買ってみた

グランドールか今治か・・・。
悩んだ挙句買ったのは、グランドールのタオルです。
 
その理由は今買うと200円引きで、1398円で買えたからです!!
 
コストコのレシート(グランドール)
 
このハンドタオルと記載されているのが、グランドールのタオルです。
 
ハンドタオルとネーミングされてますが、実は日本のフェイスタオル以上のビックサイズ!
 
フェイスタオルが12枚で1398円!!
ホテル仕様の贅沢気分が味わえるラグジュアリーなタオルがなんと、116円で買えてしまうんですよ~!!
 
糸くずが多くでるという口コミは気になるけれど、吸水性・速乾性・耐久性と3拍子揃っているタオルが116円で買えたらメチャメチャ安いですよね!
 
というわけで、口コミを信じて買ってみました!
 
コストコのタオル グランドールは分厚い!

スポンサーリンク

グランドールの見た目

自宅に帰ってからマジマジと見てみると、やはり分厚さに驚きました!
 
家にある粗品のタオルと比べると一目瞭然☆
グランドールと粗品タオルを比較
向かって左が粗品タオル8枚。右がグランドールタオル5枚。
 
その差、3枚です!
 
ただ普段使っている粗品のタオルは、はじめはやわらかくて使い心地いいんですけど、使えば使うほど、ぺらっぺらになって、がっさがさになっていきますよね?
 
グランドールのタオルはかなり分厚いので、ぺらっぺらになるのには時間がかかりそうです☆
 
が、しかし・・・
厚みがありすぎるので、食器を拭くタオルには向いていなさそうですし
 
スポーツタオルとしても重過ぎるので、首が疲れそうなかんじがします。
 
今のところグランドールのタオルは、手ふきタオルとして使うのがベストだと思っています。
 

グランドールのハンドタオルはフェイスタオル以上の大きさ!

グランドールvs粗品タオル大きさ比較

今回買ったのは、グランドールのハンドタオルです。
 
ハンドタオルとネーミングされてますが、実は日本のフェイスタオルより大きいんです。
 
グランドールのハンドタオルの大きさは40cm×76cmもあるんですよ~!
 
長さは日本製のタオルと変わらないですが、幅が5cmほど広くなっています。
 
主婦としては、サイズが大きい上に、安いと、ちょっと得した気分になりますよね!
 
口コミではバスタオルを断捨離して、グランドールのハンドタオルで体を拭いている!という方もいらっしゃったので、バスタオルの断捨離も考えています~。

グランドールの触り心地

グランドールvs粗品タオル見た目

グラーンドールを手でさわった感触は、しっかりしていて硬め。柔らかいけれど、ふわふわした感じはしません。
 
粗品のタオルと比較すると、ループの目がつまっているので、そのぶん重たくしっかりしているんだと思います。
 
家にある今治のタオルと比べてしまうと、ふんわり感は今治に軍配が上がります。
 
日常使いしている今治タオルのほうが、ふんわりふわふわでやわらか。しっとり~。
 
タオルのふんわりした触り心地が好きで、顔をうずめたくなる人には、グランドールのタオルは硬めなので今治のほうが向いているかな。
 
グランドールのタオルは、重厚感があってしっかりしているタオルが好きな方におすすめです。

コストコのグランドールタオルを使った感想

スポンサーリンク

糸くずは大量に出るのか?

グランドールのタグ

タオルのタグに「使用する前に単独洗いしてください」と書かれてあったので、使う前に一度洗いました!
 
グランドールのタオルは、タオルを洗うと糸くずフィルターに大量に糸くずがたまるという口コミがあったので、

どれだけ大量に糸くずが出るんだろうとびくびくしていましたが、糸くずフィルターに糸くずはたまっていませんでした。
 
うちの洗濯機が壊れているんでしょうか・・・?
 
タオルで手を拭いても、手に糸くずがつくということもないので、全く気になりませんでした
 
当たり外れがあるということなんでしょうか??

吸水性はどうか

洗面所にかけたグランドールタオル
 
子供が3人もいると、朝の洗面所は場所の取り合いでまさに戦場!
 
手ふきとして使っているタオルは、すぐにべちゃべちゃになってしまいます。
 
いくら家族といえども、べちゃべちゃになったタオルを使うのって嫌ですよね?
 
その点、グランドールのタオルは、短時間でヘビー使いしてもべちゃべちゃにはなってませんでしたー!!
 
吸水性は良い証拠だと思います!
 
朝から不快な気分にならないのは、嬉しいです(*´∇`*)

速乾性はどうか

我が家は乾燥しやすい家のようで、粗品のタオルなら朝8時干せば夕方5時ごろには乾いて、夜10時ごろに干せば朝8時には乾いています。
 
粗品のタオルなら、10時間くらいで乾いています。
 
グランドールのタオルは、朝干しても夕方には乾いていません。夜でも下の方が若干湿っていて、朝まで干せば乾いている!といった感じです。
 
グランドールのタオルは24時間かかっているので、粗品のタオルと比較すると速乾性はマイナスポイントです。
 
だけど、ホテル仕様の分厚いタオルが丸1日で乾くなら、個人的には速いほうだと思うので、ヨシとしています。

1ヶ月使い続けた感想

粗品のタオルをかけたキッチンの写真がこちら。
粗品のタオル

文字が隠れるように、タオルをかけています。
 
まぁ・・・普通ですよね。こんなもんだと思います。
 
 
そしてこちらが、グランドールのタオルをかけたキッチンです。
グランドールのタオル

 
タオルが分厚いというだけで、ちょっとリッチな感じに見えますよね(*´∇`*)
 
ホテルの生活に一歩近づいたような気になるので気持ちよいですー。
 
 
あっ!そういえば、気になったことが1つあります~!
 
グランドールのタオルは日本製のタオルより幅が広いので、角ハンガーで干すとおさまりが悪いんですよ。
 
というのは、我が家で使っているビック角ハンガーの幅よりタオルの幅が広いので、しっくりこないのです・・・。
 
ここが私的に、デメリットだと感じました。
 
でも!
子供が学校から帰ってきて、すぐ手を洗うんですけど、十分に洗いきれていなくてタオルを汚してしまったとするでしょう?
 
もし高いタオルを買っていたとしたら、「なんでもっとちゃんとキレイに手を洗ってからタオルで拭かないの!?このタオルお高級なんだよ?」
 
なんて小言の一つも言いたくなるけど、業務用のグランドールのタオルは1枚150円もしません!
 
そのくらいのお値段なら、目くじらを立てて怒ることもないし、すぐにオキシクリーンでオキシ漬けすれば、簡単に真っ白になってしまうので、グラーンドールさまさま。
 
買ってよかった~と思っています。
 
だってホテル仕様のタオルを普段使いしちゃってるんですよ。なんだか嬉しいじゃないですか。
 
海外のホテルで使われているんだよな~と思うと、贅沢な気分に浸れます

コストコにあるグランドールタオルの種類

コストコで販売されているグランドールのタオルのサイズ展開は全4種類。
 
お値段、サイズは次の通りです。(2018年3月現在)

項目名 サイズ 値段 1枚あたりの値段
ウォッシュタオル(6枚) 33×33cm 498円 83円
ハンドタオル(4枚) 40×76cm 928円 232円
バスタオル(1枚) 76×147cm -円 978円
バスシーツ(1枚) 88×177cm -円 1188円
業務用ウォッシュタオル(24枚) 33×33cm 1178円 49円
業務用ハンドタオル(12枚) 40×76cm 1598円 133円
業務用バスタオル(6枚) 76×147cm 2198円 366円

 

業務用のタオルは、枚数が多いだけです。

 

業務用タオルだからと言って特別なにか変わったタオルというわけではなく、大量に買っているのでお得になり、1枚あたりの単価が安くなっています。

 
業務用のタオル(枚数が多いタオル)は、ハイグロコットン100%ではなく、コットン100%でした!すみません。
 
 
1枚あたり133円だからと言ってペラペラではなく、ホテルでも仕様されているほど重厚感があるタオルです。
 
すぐにへたれたりしないので、家の中にあるタオルを一掃してキレイにしたい~!!と思っている主婦の方におすすめ
 
断捨離第一人者のやましたひでこさんは、新年になるとタオルを全部交換していらっしゃるそうです☆
 
断捨離塾で話されていたので、これから私も年に1度はタオルを新調していきます~!
 
ちなみに、今回ご紹介したグランドールのタオルは、アマゾンでも購入することができます。
 

GRANDUER グランドール フェイスタオル12枚セット 業務用パック (40x76cm)
amazon価格:2660円(2018年7月6日現在)
 
コストコで買うと1598円で買えるので、その差1062円!!
 
コストコの年会費は高いけど、タオル1つ取ってもこれだけの違いがあります~。

まとめ

今日はコストコで買ったグランドールのタオルの紹介をしました!
 

◆ グランドールのタオルの特徴

  • 硬めでどしっと重厚感がある
  • ハイドロコットンのため、吸収性・速乾性に優れている
  • 耐久性があって長持ちする

※業務用(まとめ買い)すると、1枚あたりの単価がとってもお得です☆
 
 
◆ グランドールのタオルを使ってみた感想

▼ メリット

  • 家族全員で使ってもべちゃべちゃになりにくい
  • 分厚いけど24時間で乾く
  • ヘビーローテーションでもへたりにくい
  • コストパフォーマンスが良い

 
▼ デメリット

  • (好みにもよるけど)ちょっと硬め
  • 角ハンガーよりタオルのほうが幅が広いので、干しにくい
  • 品質タグが大きい(切れば問題ありません)

 
 
◆ グランドールのタオルがおすすめな人

  • 家中のタオルを新品にしたい人(タオルをまとめ買いしたい人
  • リーズナブルで品質の良いタオルがほしい
  • 重厚感があるタオルが好きな人
  • 長持ちするタオルを探している人
  • 吸水性・速乾性のあるタオルを探している人

 
◆ グランドールのタオルをおすすめできない人

  • 数枚のタオルしか必要ではない人
  • しっとりふわふわのタオルが好きな人

 
グランドールのタオルは、海外のホテルで使用されている品質が良い贅沢なタオル!
そんなタオルが、コストコではとってもリーズナブルに購入できます。
 
業務用を買うと半額に近い価格で買えてしまいます。
 
まさにコストコで買うグランドール業務用のタオルはコスパ最強!
クーポンがあるときを狙えば、さらに安く購入できるのでねらい目です~!!
 
グランドールのタオルは、断然業務用を買ったほうがお得なので、数枚しか必要のない人は、実際に店舗で触り心地を比較して買うことをおすすめします☆
 

スポンサーリンク